クックパッドのお菓子・おやつ・おかず・パスタのレシピ♪楽天情報!ック!
ルクルーゼ!お洒落なキッチン用品♪楽天新情報!



└ 七草粥のお話

七草粥の由来や作り方のコツって?

七草粥の由来や作り方のコツって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。七草粥と言えば、お正月料理に飽きてきた頃に出てくるお粥というイメージですよね。お正月料理(おせち料理)は、全般的に味付けが濃いのに対して、殆ど塩だけの味付けで作られる七草粥にホッとする方も多いのでは・・・。

七草粥は、お正月料理で疲れた胃を労わる食べ物として食べられるのが習慣になりましたよね。昔は、お正月休みをきっちり休むお店が殆どでしたし、食材の保存方法等も現代のように設備が整っていませんでしたよね。

その為、必然的に市場が開かれるまで店舗は休業となり、その間は日持ちのする食べ物で賄わざるを得ませんでした。それで、おせち料理は腐りにくい濃い味付けのものが多く、それらを食べ続けて疲れてきた胃を七草粥で休めるという意味があったようですね。

又、春の七草粥には一年間の無病息災を願うという意味合いが込められているようです。七草粥は、春の七草であるセリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロの七つの草(薬膳)を入れて作るお粥ですよね。

ですが、東北等の寒い地方では、お正月にはこれらの七草が用意出来ない地域もあり、地域によって入れる野菜には違いがあると言われているようですね。近年では、スーパーで七草セットが販売されている場合も多いようですから、日本全国どこでも本来の七草を入手できるように・・・。

七草粥は、これらの七草を入れてお粥をたくだけなんですよね。味付けは、一般的に塩だけで作られることが多いようですが、地方によっては出汁や醤油で味をつけることもあるようですね。

楽天で見る⇒七草粥

関連記事
おせち料理を予約するなら、いつ頃どこでするのがお得なの?
おせち料理の由来や歴史ってどうなの?
おせち料理の作り方、つめ方のコツ?

スポンサードリンク