クックパッドのお菓子・おやつ・おかず・パスタのレシピ♪楽天情報!ック!
ルクルーゼ!お洒落なキッチン用品♪楽天新情報!



└ 水道水のお話

水道水のPHってどういう意味なの?

水道水のPHってどういう意味なの?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。このPHってどういう意味かと言うと、その水道水の酸性とアルカリ性の度合いの強さの事なようですね。読み方はピーエッチで、0〜14まで段階があるようで、PHの値が7の場合には中性という事になっているようです。

そして、PHの値が7よりも小さければ小さいほど酸性が強く、PHの値が7よりも大きければ大きいほどアルカリ性が強いという事になるようです。水道水の安全基準では、このPH値は5.8以上、8.6以下と定められているようです。

つまり、水道水は極端に酸性にも、アルカリ性にも偏っていない、ほぼ中性であるという事になるようですね。これは、自然の水のPHの値が概ね5〜9である事が基となっているようです。その為、日本のどの地域の水道水を検査してみても、PHの値は7前後を示しているでしょう。

又、このPHの値によって、水源となっている水の汚染度の程度も知る事ができるようです。浄水場にて用いられる塩素等の薬品の濃度を決定する場合の判断材料として、とっても重要な役割も持っているようですね。

楽天で見る⇒水 PH

関連記事
トリハロメタンって何なの?
塩素ってなぜ入っているの?
硬水や軟水ってどういう意味なの?
水道水って安全なの?
水道水のカルキを抜くには?
水道水の塩素の臭いを消すには?
水道水は地域によって違うの?

スポンサードリンク